新潟県警察公式サイトにある採用情報でわかること

警察学校へ入校

受験の申し込み警察学校へ入校新潟県の中にある警察署へ配属

試験日程および受験資格は、新潟県人事委員会が決定を下して新潟県職員採用試験計画といった形で毎年3月の初めころに公開されるようです。
ちなみに、国家試験などの場合も1年に1度ではありますが、この試験を受けても就職が決まるわけでなくあくまでも資格を得た上で就職先を見つけるのが一般的なやり方です。
しかし、警察官の場合は県警で開催される試験に合格することで内定が決まるなど一般的なものとは考え方そのものに違いがあります。
受験の申し込み後は1次試験と2次試験といった流れになりますが、2次試験は1次試験を合格した人だけであり当然だと考えますが、面接などはどのように行われるのかその時点では良くわかりませんでした。
2次試験で合格すると最終合格発表となり採用候補者名簿への登載が行われる、この後内定をも貰えるなどの特徴を持ちます。
内定を受ければ採用といった形になるわけですが、内定後に何か悪いことをすれば取り消しになるでしょうし、警察官目指す者が悪さをすればその時点で公務員としての役目は終わることになります。
色々調べていると普通の企業への転職などと変わっている部分が多くあることがわかりましたが、最終合格となった場合は新潟懸念警察本部長からの請求に応じて推薦が行われることや欠員の状況を踏まえて採用が決まる形です。
そのため、欠員がなければ採用の決定もないのではないか、このようにも考えたことがありました。
しかし、採用後は巡査と呼ぶ役割を持ち同時に警察学校へ入校することになるわけです。